即日融資でキャッシングをするなら

大至急、今日中にお金を借りる必要がある!!

 

このような方は、最短即日でお金が借りれるカードローンをお探しなのではないかと思います。

 

最近の金融機関のカードローンは、どれも『最短即日融資』と宣伝していますが、実際は上手くいかず、結局、融資が翌日以降になってしまったという話もしばしばです。

 

なので、当サイトでは、どうしても即日融資ができるように、当日中にお金を借りることができる可能性が高いカードローンや、申込みの際に即日融資ができる可能性が高くなるように審査を受ける際に押さえておきたいポイントをレクチャーすることにしました。

 

即日融資をしたいならカードローン選びが大切です

どうしても今日中にキャッシングがしたい、という方が一番最初にすることはカードローン選びです。

 

即日融資をするのなら、カードローン選びが最も大切と言っても過言ではないでしょう。

 

なぜなら、融資スピードが遅いカードローンを選んでしまったら、その時点で、即日融資をすることは不可能となるからです。

 

繰り返しになりますが、最近のカードローンは消費者金融のものも銀行のものも、多くのカードローンが最短即日融資が可能、と宣伝されています。

 

しかしながら、最短なら即日融資と言っても、かなり厳しい条件を満たさなければいけなかったり、融資方法が振込限定だったり、審査に通過するためには一定の年収が必要だったりするものも多いんですよね。

 

なので、絶対に即日融資をしたいのなら、借り入れ先を慎重に選ぶことが重要となります。

 

では、即日融資ができるカードローンとしては、どこの消費者金融・銀行を選ぶのが一番賢い選択と言えるのでしょうか。

 

結論から言うと、消費者金融がもっとも即日融資の可能性が高いカードローンを取り扱っています。

 

消費者金融の中でも、特にプロミスやアコム、モビット、アイフルという大手の四大消費者金融の融資スピードは非常に早く、カードローン業界でも最速です。

 

どうしても、今日中にお金を借りたいなら、まずは消費者金融のカードローンの利用を検討するのが良いでしょう。

 

カードローン審査に必要な書類はなんでしょうか?

基本的にカードローンの申込みに必要な書類は以下の2つとなります。

 

・本人確認書類
・収入証明書類

 

本人確認書類については、カードローンを利用する際には必ず必要です。

 

本人確認書類には、どのような種類のものがあるのかというと、以下のようなものが挙げられます。

 

1、運転免許証、運転経歴証明書
2、各種保険証(国民健康保険証、社会保険証など)
3、パスポート
4、住民基本台帳カード
5、在留カード
6、特別永住者証明書
7、外国人登録証明書

 

※5、6、7は、外国人の方がカードローンの申込みをする場合に必要となります。

 

運転免許証や各種の保険証は多くの方が持っていらっしゃるでしょうし、仮に持っていないとしてもパスポートや住民基本台帳カードの写しを提出することも可能です。

 

ただし、住民票は本人確認書類とはなりません。

 

なので、申込みの際に間違えて住民票を提出しないように注意してくださいね。

 

小口の借り入れの場合、カードローンの申込みに必要な書類は、上記の本人確認書類のみとなります。

 

借入の希望額が大きくなると、収入証明書類も必要となりますが、消費者金融のカードローンの多くは50万円以下の借り入れならば本人確認書類の写しの提出のみでカードローン契約をすることができるでしょう。

 

50万円を超える借り入れになると収入証明書類を用意する必要があります。

 

収入証明書類としては、以下のものが該当します。

 

1、給与明細書(直近2か月分)
2、源泉徴収票
3、市民税・県民税額決定通知書
4、確定申告書
5、所得証明書

 

収入証明書類の場合は、本人確認書類と違って、いつも持ち歩いているものではないので、50万円以下の申込みであれば、原則、カードローンの契約に収入証明書類が必要とならないのは嬉しいですよね。

即日融資でキャッシングをしたい!記事一覧

大手消費者金融のカードローンを利用する際のポイント

先ほども述べましたが、大手消費者金融のカードローンは融資スピードが非常に早いです。したがって、できるだけ即日融資してもらえる可能性を上げたいのならば、消費者金融のカードローンを申込むのが良いでしょう。消費者金融のカードローンを利用して即日融資をしてもらう際のポイントとしては、以下のようなことが挙げら...

» 続きを読む